スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルパイ

つくるよ!!
まずは生地から!!
薄力粉と強力粉をそれぞれ75gづつと塩一つまみ、
それとバター110g(ぶつ切りにしたもの)をさっと混ぜます。
次にこれに冷水75ccを注ぎ均等に混ぜ合わせます
この時なるべくバターをつぶさないようにします。
2015y09m23d_204449101.jpg
混ざったら1か所に集めて手のひらで平らにつぶし、
折り返して重ねてまたつぶす、を数回繰り返します。
重ねた状態で端を手でつまんで数秒もっていられるくらいになるまで続けます
ここまでになったらラップにくるんで冷蔵庫で30分寝かせます。
2015y09m23d_204451478.jpg

この間にリンゴのフィリングを作ります。
フライパンを強火にかけバター20gを熱します
これが溶けて茶色くなったらりんご約400g(1個半くらい)と砂糖50gを投入します
2015y09m23d_204454101.jpg
砂糖をリンゴにまぶすようにへらで混ぜます。
茶色く煮詰まってきたらキルシュ20ccを回し入れ、
アルコールが飛んだらシナモンパウダー小さじ1/4と
ケーキクラム(スポンジを粉々にしたもの)40gを加えてさらに混ぜます。
2015y09m23d_204457332.jpg
ここまでできたらバットに広げてしばし冷まします。

次に冷蔵庫から生地を取出し強力粉で打ち粉をした
まな板の上で麺棒で伸ばします。
2015y09m23d_204459596.jpg
板のサイズぎりぎりまで伸びたら2回折り返して
この伸ばす作業を2,3回繰り返します。
これができたら3mm厚さくらいまで伸ばした状態で再度ラップに包んで
また冷蔵庫で10分ほど寝かします
時間が経ったらパイ皿(今回は直径18cmのヤツ)に生地をしき、
りんごのフィリングを載せて縁に溶き卵を塗り、
余った生地を帯状に切って網目っぽくに上に乗せ、
さらに輪っか状に縁にも載せます。
ここまでで形は完成。
2015y09m23d_204501660.jpg
220度のオーブンに入れ15分したら1度取出し、
アプリコットジャム大さじ2と水15ccを混ぜ合わせたパナージュを作って
パイ全体に厚く塗ったくります。
2015y09m23d_204504172.jpg
その後もっかいオーブンで今度は180度で20分焼きます。

完成!!
2015y09m23d_204649409.jpg
なんかやたら中身が黒くなった…
大丈夫なのかこれ…
え?焦げた?中身だけ?んなばかな…
まぁ食ってみよう…

あ、うまい。
苦くない。
成功です博士!!(誰だよ)
見た目あれだけどおいしいです!!
見た目あれだけど(´Д`;)

うーんおいしかったのはいいんだけど見た目が気になる…
参考にした写真と違う…
何がアカンかったんだ…なにが…
なんか悔しいから来週にでももっかいチャレンジしてみよ。
見た目は大事ですよね~

所要時間は約2時間弱ってとこでした。
割と簡単な部類だと思います。
おススメです!
余談ですが上記のアプリコットのパナージュがすげぇおいしかったです(´∀`)
かなりつまみ食いしました(笑)
スポンサーサイト

今日はイモ食べます

こんちゃあ
いもけんぴ作るよ!

材料はさつまいも、水、砂糖
以上!
分量はさつまいも100gに対して水小さじ1、砂糖20g程です。
今回はさつまいも一本で300gくらいあったので
それに合わせてます。

まずはサツマイモを縦に細長く切ります。
んで、10分くらい水につけてあく抜きします
2015y05m21d_000947347.jpg
その後キッチンペーパー等で水気を拭き取って
油で揚げます。
2015y05m21d_000958601.jpg
5~10分くらいできつね色にかわって
カリカリしたカンジになってきますので引き上げます。
2015y05m21d_001005785.jpg
んでフライパンに弱火で砂糖を水にとかして、
そこにあげた芋を投入。
2015y05m21d_001027375.jpg
適当に混ぜ合わせてハイ完成
2015y05m21d_001034758.jpg
超簡単でした。
しかし…皿に移した時点で表面の砂糖が固まり途中だったみたいで
一本持ちあげたら全部持ち上がってなかなかシュールでしたorz
冷めるまでに間隔おいた置き方せんといかんねコレ(´Д`;)

それにしてもこれも砂糖大量に使ったな…
60gでこんなモンでした
2015y05m21d_000953994.jpg
食った感想はまぁおいしかったんですけど
正直ゲロ甘すぎでしたね。
砂糖7割くらいでもいいかもしれない…
次はそれでやってみます(・ω・)ノ

イチゴのショートケーキ

作るんゴ!!
まずはスポンジケーキ作るお!!
卵4個!グラニュー糖125g!薄力粉100g!無塩バター30g用意!!
卵を湯銭にかけて解きほぐします!
混ざったらグラニュー糖投入!!
湯銭にかけたままハンドミキサーを使って高速でかき回しまくります!!
2015y01m13d_231147794.jpg
ここでバターも湯銭にかけて溶かしておきます
ついでにオーブンを160度設定で余熱しておきます
2015y01m13d_231157500.jpg
白っぽくなってきてミキサー持ち上げたときに字が書けるようなタレ具合になったら
ふるいにかけておいた薄力粉(半分)を複数回に分けて投入します。
こっからはヘラで混ぜます。
2015y01m13d_231152741.jpg
ボールを15°づつ回しながら底から掬いあげるように混ぜます。
ある程度混ざったらバターも投入。
ちょっと混ぜて残りの薄力粉も投入。

焼きます!!
丸型(18cmセルクル)へ上記を投入。
オーブンで40分焼きます!!

出来たものがこちら!!
2015y01m13d_231206995.jpg
予想ほど膨らまなかったな…
まぁこれでも前日に同じ工程で一回失敗してるので
もう一回やり直すのはタルいので今回はコレで続けます。(´・ω・`)
今度またリベンジします。

生クリーム作るんゴ!
市販の生クリームとグラニュー糖をボールに入れて混ぜます!
最初カシャカシャ使って手動で混ぜてましたけど
開始7分で心が折れたのでやっぱりハンドミキサー使います(´Д`;)
3分くらいでいいカンジに仕立てられました。
2015y01m13d_232436469.jpg
ミキサーすげぇ…家電万歳\(^o^)/

焼きあがったスポンジを半ばで切ります。
高さ統一のため当て板してまっすぐ切ります。
2015y01m13d_232441489.jpg
ホントはもっと膨らむ見積もりだったので
切るトコが真ん中のちょっと上くらいになっちまいましたが…
まぁいいや。

切ったスポンジの下半分に縦に4等分したイチゴを敷き詰めてスキマを生クリームで埋めます。
2015y01m13d_232446690.jpg
上半分でふたして生クリーム塗ってへらで整えます。
んで、ケーキ用品のお店の店員さんにススめられたアーモンドクランチを敷き詰めます。
コイツがねー食ったときにいいカンジにおいしかったとですよ~
何より整面うまくいかなかったところをゴマかすのに重大な働きをしてくれましたよ(笑)
んで、イチゴ適当に飾り立てて完成
P11300301.jpg
食ってみた。
P11300411.jpg
…なかなかどうして
悪くない!
コレはなかなか悪くないぞ!!
予想より膨らまなかった分スポンジがちょっと固めでしたけど
まぁ許容範囲でした。ボク的には(・ω・)
あと真ん中のイチゴ4等分じゃなくて3等分にすれば良かった。
なんていうかクリームもっと入れればよかった。
高さ稼いでクリーム量多くしたほうが良かったでござる。
なんか上半分でフタしたときに横からクリームが量はみ出ちゃってましたからね
中がちょっと寂しい…
今後の課題と致します。

さ、ナマ物だから早く食ってしまわねば。

……
………
いつ食うの?
朝飯にはキツイ。
朝っぱらからこんなアマイモノ食うのはちょっと…(´Д`;)
昼は無理。基本社食だから。そもそも持ち歩けないし。ぐちゃぐちゃになっちゃうお(´・ω・`)
夜、帰宅後しかないな。
それでも何日かかかりそうだな…
しかし…
いい年こいたオッサンが連日夜な夜な自分で作ったケーキをすするように食らうのは
二つ以上の意味でキツイなorz
絵づらもひどいよ(´Д`;)

よし、近所のトモダチにいくらか押し付けよう(・ω<) b
ないすあいでぃあ!
うぇ~い(☆∀☆)

チーズレモンカスタードシフォンパイ

作ってみた。
2014y10m18d_094239999.jpg
添え物はミロです(笑)

まずはタルトの生地作り
2014y10m18d_095813138.jpg
材料:無塩バター・60g 粉砂糖・50g 卵黄・1個 薄力粉・100g 塩・一つまみ
まずバターをレンチンで溶ける寸前まであっためます。
そんでもってコレをクリーム状になるまで練りまくります。
この間、数回に分けて砂糖を投入。
中間くらいでで塩も投入。
2014y10m18d_100141174.jpg
なぜか炊飯器のアレでやってます…
ボールがなかった…なんで?どこいった??
まぁいいや(´・ω・`)

白くなってきたら卵黄投入。
この後ふるいにかけながら薄力粉を数回に分けて投入。
ヘラでガッツリ混ぜまくります。
結構かたくて腕が痛いです(´Д`;)
2014y10m18d_100520508.jpg
生地ができたら袋等に入れて薄く延ばします。
2014y10m18d_100530440.jpg
コレを冷蔵庫に入れて5時間くらい置いときます。

次はカスタードチーズクリーム。
2014y10m18d_100646655.jpg
材料:牛乳・100ml バニラエッセンス・少量 卵黄・1個 グラニュー糖・30g
    薄力粉・5g コーンスターチ・5g クリームチーズ・60g
     レモン汁・大さじ1 グランマルニエ・小さじ1

コーンスターチ、薄力粉、グラニュー糖を入れた鍋にあっためた牛乳を注いで中火で混ぜます。
混ぜたらクリームチーズをさらに投入、
2014y10m18d_100651040.jpg
続いて卵黄を混ぜ少し火を通します。
2014y10m18d_100655052.jpg
バニラエッセンス、グランマルニエを混ぜて、最後にレモン汁をぶっこんで完成。
2014y10m18d_100742765.jpg

タルト型に寝かしといた生地をキレイに貼り付けます。
2014y10m18d_101111099.jpg
その上にカスタードチーズクリームを投入し、170℃オーブンで30分程焼きます。
焼いている途中、カスタードチーズクリームが膨らむので、爪楊枝で穴を開けます。
2014y10m18d_101327271.jpg
焼けたら余熱を冷まして冷蔵庫においときます。
2014y10m18d_101334527.jpg
焼け色がいいカンジ(´∀`)

次はてっぺんのレモンゼリー
材料:レモン汁50cc 砂糖・60g 水・300cc ハチミツ・大さじ3 粉ゼラチン・10g 
鍋に粉ゼラチンと水を入れて、中火で溶き混ぜながら2~3分煮溶かす。
ハチミツを投入し、中火で混ぜながら1~2分煮る。
火を消し冷ましたらレモン汁を混ぜる。
2014y10m18d_101345258.jpg
冷蔵庫で休ませたパイ本体にゼリーの元をぶち込み
冷蔵庫でさらに1時間寝かせる。

できた(・∀・)
2014y10m18d_101946454.jpg
食ってみた。
うめぇ…
ゼリーうめぇ
カスタードうめぇ
タルトうめぇ
上出来だろコレ
ペーペーが作ったワリには(笑)
うまいんだけど作るのにアレだけ砂糖大量に使った後だと
食うのちょっとためらわれますね…
まぁいいやボクこないだの健康診断で血糖値通常よりも低めって言われたし(・ω・)
たまにちょっと多めにとるくらいいいだろう。

さて次はナニつくろうかな(´∀`)

ビーフジャーキー

作ってみた。
天狗ジャーキーとか普通に買うと100gで千円以上とか普通にしやがるからね…
たけぇよテング…
まぁテングに限らずコンビニとかに売ってる量少ないのでさえ3~400円とかするし…
ビーフジャーキー好きなんですけどね~
こんなんじゃ気安くちょいちょい買えないんでどうしたモンかな~
って思ってたんですけど、
やがてひとつの結論に達しました。
…そうだ、自分で作ろう(・∀・)
というわけで行動開始。
まずは機材を用意。
アマゾンで燻製器なるものを購入。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00186EWDQ/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1
んで、材料
まず肉は赤身の多い牛肉もも肉のブロック約1Kg
脂身は極力少ない部位を使ったほうがいいです。
脂身の部分はボロボロになる上、完成してから食ってもあんまり旨くなかったので…

んで、味付けタレは、
・赤ワイン 300ml
・こいくち醤油 200ml
・砂糖 15g
・白胡椒 少々 小さじ 1/2くらい
・黒胡椒 少々 小さじ 1/2くらい
・カレーパウダー 少々 小さじ 1/2くらい
・オニオンパウダー 小さじ 1/2
・塩 4g
・粉末ガーリック 6g
・タバスコ8滴
・ローレル3枚

手順といたしまして、
まず肉を3~5mmくらいに薄切りします。
そのまんまじゃ切りにくいからいったん凍らせて
半解凍してからスジに合わせて切ると切りやすいです
といってもウチの100均で買った包丁じゃそれでも切りづらいですが(´Д`;)
切り終わったら上記のいろいろを混ぜて作ったタレに
1~2日ほど漬けて冷蔵庫に放置します。
2014y10m07d_001559972.jpg
その間2、3回ほど中でひっくり返したりして混ぜ合わせます。

漬け込みが終わったらキッチンペーパーで水気を吸ってから
陰干しして乾燥させます。
2014y10m07d_001605051.jpg
今回は脱水シートに包んで冷蔵庫に安置しました。
冬場は常温でも乾燥してるから冷蔵庫じゃなくてもいいんですけどね
今はまだ虫とかにたかられたらイヤだから念のため冷蔵庫です。
脱水シート高いからあんまり使いたくないんですけどね(´・ω・`)
http://www.amazon.co.jp/%E6%A5%AD%E5%8B%99%E7%94%A8%E3%83%94%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC-18R-18%E6%9E%9A%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB-XPT3501/dp/B0043DNDMC/ref=sr_1_3?s=home&ie=UTF8&qid=1412608138&sr=1-3&keywords=%E8%84%B1%E6%B0%B4%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88

んで、今回のやり方だと3日くらいで乾燥するんで、乾いたらいよいよ燻製します。
金串で刺して燻製器内にぶら下げます。
んで底にスモークウッド設置して火にかけます。
燻製の温度設定はいくつかあるらしいですけど
今回は容器内を80℃ほどに保つ温燻でいきます。
この状態で1時間ほどスモーク状態を維持します。
んが、ここで問題が…
ウチのコンロ熱している容器が250℃超えると自動で火が消えちまうんですよね…
時間にして火をつけて10分もしないうちに消えてしまいます…
火が消えると煙の勢いもほとんどなくなってしまう…
コレじゃ話にならん(´Д`;)

どうしたもんか…
そうだメーカーに問い合わせてみよう(・∀・)
結果、「う~ん難しいですね~そもそも事故を防ぐために
必要不可欠な機能ですので今時のコンロには基本的にみんな付属してますからね~
今回の状況はむしろ弊社製品のセンサーが
きちんと作動しているといういい証拠ともいえますしおすし~」
そんなこと聞いてないよ!
お前をジャーキーにしてやろうか!?щ(゚Д゚щ)


「あ~一応高温炒めモードって言うのがありまして、
側面の引き出し引いて出てくるボタンを3秒以上長押ししていただけますと
300℃以上は消えずにいられるようになりますよ。」
そうそう、それだよそれ
そーゆう役に立つ情報が欲しかったんだよキミ~
センサー自体を停止する事はどうやってもできないみたいですけどね~
とりえず聞いたモードを起動してやってみたんですけど
なんとか弱火なら維持できましたので容器内を80℃近くに保つことは成功しました。
あ~良かった~
コレで何とかなりそうだ。
教えてくれてどうもありがとうございますm(_ _)m
んで、1時間スモークして中身取り出します。
2014y10m07d_001621777.jpg
うーん、マンダム…
実に香ばしいニオイが家中に充満しました(笑)
まぁいいや。
一口サイズに切り分けて一晩冷蔵庫に寝かせます。
こうするとさらに熟成されて味に深みが出るとか何とか…
よくわかりませんが(笑)
んで、翌日完成。
2014y10m07d_001632749.jpg
食ってみた。
んっぼぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーー!!!!!!
超うめぇ。
いやマジで初めてにしてはびっくりするくらい予想外な程
普通においしかったです(☆∀☆)
ちゃんと市販のに近い味がしました(笑)
1Kgのお肉でしたけど完成品は水分抜けて半分ぐらいの量になりましたね。
まぁそれでも市販品よりは安く出来上がりました。
今回の量で大体2千数百円くらいの材料費になりましたかね。
タブン、同量換算だとテングジャーキーの半分以下くらいの費用ですかね。
確かに安く仕上がりましたけど手間を考えると
若干メンドくせぇなぁと思っちまいますね(´ω`;)
1週間くらいかかるし…
まぁ何回かやってこ慣れてくればもうちょっと効率的に作れるようになるかもね。
とりあえず今回の量で10日くらいはつまみには困らなそうです。
ちなみに参考にしたのはこちら
http://matome.naver.jp/odai/2133146886134441201
ビーフジャーキー好きには自作オススメです(・∀・)b
プロフィール

パール

Author:パール
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。